April 28, 2015

お久しぶりです。

どうもFacebookを始めてからブログはおざなりにしてます。ごめんなさい。
仕事関係はおもにこっちに書いてます。

アベノミクスの中で、「女性が輝く社会」という言葉が使われているけれど、これに対してちょいと一言いわせて。

これは言葉の使い方が違うと思う。「女性が輝く」なんて言葉を使うから、専業主婦がどうとかこうとかの議論になってしまう。女性だけが輝くなんてけしからんと思ってるオジサンもいるかもしれない。だけど、これはそもそも女性の自己実現とか女性が輝くとか女性の問題ではない。

今の日本の人口動態からするとあと10年ほどで、働き手(経済活動する人)が圧倒的に足らなくなって超高齢化社会になってしまう。少ない若者が多くの高齢者を支えなくてはいけなくなってしまう。おまけにその若者たちが高齢者になった時のたくわえはあてにはできないという。日本は破たんしてしまうかもしれない。だからこそ、なんとか働き手を増やさなければならない、よくみてみれば日本の女性の就業率はどこの先進国よりも低くてまだまだ余力がある。これを活用しない手はない、というもの。

女性たちは日本の社会を支えてゆくために、自分の子供たちによい環境を残してゆくためにも働き続けることを求められているということを理解すべき。一定以上の世帯所得のある場合、専業主婦を選ぶという選択肢もあるとは思う。でもこの場合は税金の優遇策を受けてはいけない、配偶者控除なんてものは得てはいけない。日本の財布はすっからかんなんだから。

相当厳しい状況にあるのだから、「女性が輝く社会」なんて甘いことを言わずに、自分たちの子供たちにより良い社会を「つなぐために女性のみなさんも働こう、そのために働ける環境を作っていこうと素直にいうほうがいいと思うんだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2014

「知識」より「知恵」が重要なの?

「知識偏重は良くない」と言われて久しい。教育界では「知識」は悪者のようだ。

人間生きてくのに「知識」より「知恵」が重要、だから知識詰め込みの今の教育は良くない。よって知識を減らして自分の頭で関揚げるような教育にしよう・・・

と言われてきた。これ正しいように見えて全く間違っていると思っている。知識が増えればどんどん興味がわく、知識が増えればいろんな可能性を考えるようになる。知識が増えれば見えている面だけでなく違う側面も見えてくるようになる。知識と知識を導線でつなぐための知恵がどんどん生まれてくる。知識は知恵の泉。だから知識をたくさん得ることが本当に重要。知識が少ないのに知恵はあるという人を私は知らない。

知恵の泉が枯れてしまうほど詰め込むのは良くないけれど、そこだけに注目して最初の「土」であるはずの知識の量を減らしてしまったら、一面的なことしか考えられなくなる。

娘たちと話していて、知識が少ないと感じることがよくある。私の時代の小中学校の教科書レベルの内容を知らなかったりする。世界中のいろんな国がどこにあってどんな形をしているか?そこの国の特産物は何か?、日本の美しい山はどこにあって何山脈でどういう出来方をしたのか?○○という人は江戸時代何をしたのか?・・・。
知識は教養のベースでもある。生きてゆくための知恵、生活を楽しむ知恵も知識から生まれるものも少なくない。

知識は若い時ほどたくさん吸収できる。その時期にたくさんの知識に触れておくことが重要だと思う。

Pixta_1770159_s001


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2014

「女性登用には働き方改革が必要」だけ?

「女性登用には働き方改革が必要だ」
これは、昨日の日経新聞の社説。

長時間労働の改善、保育サービスの充実、仕事と家庭の両立・・・ずっと言われ続けてきたことで、これは間違いではない。もちろんこれらの改善は急務だ。だけど、これだけじゃない。女性の活用、といいながら取り上げられてこられなかった下記のもの意外に大きかったりする。

1つ、「ノミニケーション」
職場のコミュニケーションの場として飲み会は重要な役割を持っている。お客様とも飲食を共にすることでより踏み込んだ議論ができる。だから、適切には私もあった方がいいと思っている。が、業種によっては飲み会がやたら多い。社内の飲み会、個人的なもの、そして顧客との会食など、まっすぐ帰宅しないことが当たり前と思っている人たちもいる。深夜や翌朝まで痛飲することが多い人たちもいる。そういう職場では、ワーキングマザーは肩身が狭い、付き合い悪いね、お客様の接待もできないの・・・とかとか。
母親は子どもが少し大きくなって保育園に迎えに行かなくてもよくなっても、帰りにちょっと一杯なんてやってられない。会社を出た途端家に着くまで猛ダッシュの日々はずっと続く。

2つ、「仕事上のお付き合いのゴルフ」
これ、私は致しません。貴重な休日は、1週間分の掃除と洗濯その他、いろいろ片づけて、余った時間は休息とちょっとした気分転換にあてる。お仕事ゴルフをやれる人たちは家事をやらなくていい人がほとんど、でしょう?

制度はもちろんのこと、こういう業務外、規則外のことが意外に大きかったりする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2014

優先席と携帯電話

今朝、毎日載っている多摩川線でのできごと。もともと多摩川線は、通勤時間といってもほんの一時をのぞいてそんなに混んでない。

途中の駅でご老人が乗ってきて空いている優先席にすわった。となりとその隣には中年の女性と若い女性、二人ともスマホを見ていた。しばらくたって、ご老人が「携帯、やめてもらえますか?」。二人の女性はすぐにスマホをさわるのをやめた。時々見かける風景だ。

ペースメーカーと縁がない人は、特に意識することなくどこででも携帯電話を使ってるんだと思う。実際のところ、これまでだって大きな事故は起こってない。とはいえ、ペースメーカーを使っている人は、不安を抱えている人が結構いらっしゃるんじゃないかと思う。そんなことを思って、私は優先席に座ったときには携帯電話を見ないし、見たいときには優先席には近づかないようにしている。

それはそうと、電車に乗ると全体の8割ぐらいの人がスマホを覗いている。これはこれでちょっと異様でスマホを使わない人からみたら気持ち悪いんだろうな、とも思う。

※追記
 同じ日の夕方、ヤフーのトピックスにこんな記事があったのでリンクを載せておきます。
 電車優先席の携帯オフ 関東と関西で車内対応が分かれた理由
マナーを巡って喧嘩になる前に、実際に誤作動が起きるかどうか以前にちょっと相手の気持ちを思いやるということでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2013

「メイタカレイ」と「芝エビ」

食品の誤表示なのか偽装なのか、次から次に謝罪会見が出てくる、このごろ。


今回の件のあと、周りの男性陣に聞いてみた。「芝エビって知ってた?」年齢はいろいろだけど、全員が「そんなもん知らなかった」。そして女性社員に聞いてみた。お料理自慢の若干年齢が上の人たちは「芝エビ?、知ってるよ」。少し若い女性社員たちは、「中華料理屋のメニューでは見たことあるけれど、芝エビの実物は知らない。」・・・だよねぇ。実際のところ、芝エビあんまり売ってないもん。日吉の東急ストア(鮮魚はかなり充実している)でもめったに並ばない。


Continue reading "「メイタカレイ」と「芝エビ」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2013

処方薬のネット販売

市販薬のネット販売について書いたが、処方薬こそネット販売すべき・・・と書いている人もいる。処方薬のほうが、薬効が高い、ということはそれだけ危険なのになぜ?と思ったけれど、処方は医師と薬剤師が行うので、しろうとの自己判断の要素が高い市販薬より安全だという、なるほど。で、ネットで処方薬を入手する場合を勝手にイメージしてみた。


Continue reading "処方薬のネット販売"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2013

市販薬のネット販売

厚労省とネット業界っていうか三木谷さんとでかみ合わないやりとりが繰り返されている。真正面からぶつかっているように見えて、売る人と承認する人とがそれぞれ自分の立場を主張しているだけに見える。肝心の消費者や患者の視点が置き去りにされているようにも見える。


私自身は薬のネット販売そのものには反対ではない。もっとネットの良さを使えばいいのにとは思っている。が、今の議論の流れには違和感を感じている。そもそも「医薬品」というものの性格上、ネットに限らず販売においていろいろ制限があるのはやむを得ない。この制限がネットに限って設けるべきものかというとそうでもない。対面販売かどうかがそんなに重要な要素なんだろうか?

Continue reading "市販薬のネット販売"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2013

伝える力

池上彰さんの本のタイトル拝借。ビジネスの場において必要最低限の力は「コミュニケーション能力」と言われている、まさしく「伝える力」。採用試験でも面接で何を見ているかは会社によって違うけれど、共通しているのはコレ。


上司から指示されたことが理解できなければ、そして自分の仕事の内容を他社に伝えられなければ、そもそも仕事にならない。すごく当たり前のことなんだけれどここでも書いた意外なほど、ちゃんとできていない。


先日のこと、「○○部の人がかわるがわる何度も何度も同じことを聞きに来る、時間とられてしょうがないので何とかしてください」とある上司が部下にいわれた。で、「同じことを何度も聞かれるということは相手が理解していない可能性が高い。相手が理解できるように説明できているだろうか?そして注意書きとか図解とかリーフレットとか作るてみたら。必要ならば説明会でしっかり説明するとか。」と100点満点の助言したとのこと、よしよし。


相手がいい加減に聞いている場合ももちろんあるが、自分が言ってることが伝わってないなぁと思ったら、説明の仕方を変えて伝わるまで何度もいう、ということが大切。


で、コミュニケーションの基本はまずは口頭で伝える事、そしてスピーチやプレゼンテーションだ。さらに文章を書くということ。ビジネスにおいてメールは欠かせない。スタンプを返しておけばいいということはない。正確に伝える力が必要になる。これらはすべて訓練で身に付くものだ。とにかく文章を書き、人前で話すということの回数を重ねる事。訓練さえすればジョブズにはなれなくてもきちんと人に伝えられるようにはなる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2013

「切符を紛失された方は事情をお伺いします。」

「切符を紛失された方は事情をお伺いします。」


うろ覚えなのでちょっと違ってるかもしれないが、毎日乗降しているJR大森駅の改札口のところにこんな注意書きが貼られていた。が、これってどういうこと?こういわれて私どうしたらいいの?


【解釈その1】
切符をなくしちゃったときはあわてないで、係員に相談してね。決して自動改札無理してを突破しないように。


【解釈その2】
切符をなくしちゃったとしても、事情によっては料金を追加で払わなくても大丈夫だから安心して。


【解釈その3】
切符なくしちゃった場合、いろいろ細かく聞くからね、怒らないで。


さて、どういう意味なんだろう?


金融機関の届出用紙も、さて記入しようと思っても、「?」この欄に何を書けって言ってんだろ?と思うことがよくある。提供側の人は内容がよくわかっているから、何気なく書いちゃうんだろうけれど、中身が分からない一般利用者からすると「何これ?」になる。


「伝える事」、サービスの提供者としては気を付けなきゃいけない点なのだが、受けての立場に立つということをついつい忘れてしまったりする。「人の振り見て我が振り直せ」とはこのこと。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2013

メヒシバ

「メヒシバ」という言葉を見て、すぐになんのことかわかる人、すごい!「メヒシバ」でググルと雑草、防除、除草剤なんかの言葉がでてくる。
↓これのこと。
1img_0801
そう、どこにでも生えてる厄介な草。雑草の中の雑草、細いのに強いし、はびこるし、抜きにくいし・・・庭仕事していてもっとも嫌いな草だ。

Continue reading "メヒシバ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧