« 「残業代ゼロ」の働き方(続) | Main | 「女性登用には働き方改革が必要」だけ? »

July 16, 2014

優先席と携帯電話

今朝、毎日載っている多摩川線でのできごと。もともと多摩川線は、通勤時間といってもほんの一時をのぞいてそんなに混んでない。

途中の駅でご老人が乗ってきて空いている優先席にすわった。となりとその隣には中年の女性と若い女性、二人ともスマホを見ていた。しばらくたって、ご老人が「携帯、やめてもらえますか?」。二人の女性はすぐにスマホをさわるのをやめた。時々見かける風景だ。

ペースメーカーと縁がない人は、特に意識することなくどこででも携帯電話を使ってるんだと思う。実際のところ、これまでだって大きな事故は起こってない。とはいえ、ペースメーカーを使っている人は、不安を抱えている人が結構いらっしゃるんじゃないかと思う。そんなことを思って、私は優先席に座ったときには携帯電話を見ないし、見たいときには優先席には近づかないようにしている。

それはそうと、電車に乗ると全体の8割ぐらいの人がスマホを覗いている。これはこれでちょっと異様でスマホを使わない人からみたら気持ち悪いんだろうな、とも思う。

※追記
 同じ日の夕方、ヤフーのトピックスにこんな記事があったのでリンクを載せておきます。
 電車優先席の携帯オフ 関東と関西で車内対応が分かれた理由
マナーを巡って喧嘩になる前に、実際に誤作動が起きるかどうか以前にちょっと相手の気持ちを思いやるということでしょうか。

|

« 「残業代ゼロ」の働き方(続) | Main | 「女性登用には働き方改革が必要」だけ? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5586/59993909

Listed below are links to weblogs that reference 優先席と携帯電話:

« 「残業代ゼロ」の働き方(続) | Main | 「女性登用には働き方改革が必要」だけ? »