« June 2014 | Main | August 2014 »

July 29, 2014

「女性登用には働き方改革が必要」だけ?

「女性登用には働き方改革が必要だ」
これは、昨日の日経新聞の社説。

長時間労働の改善、保育サービスの充実、仕事と家庭の両立・・・ずっと言われ続けてきたことで、これは間違いではない。もちろんこれらの改善は急務だ。だけど、これだけじゃない。女性の活用、といいながら取り上げられてこられなかった下記のもの意外に大きかったりする。

1つ、「ノミニケーション」
職場のコミュニケーションの場として飲み会は重要な役割を持っている。お客様とも飲食を共にすることでより踏み込んだ議論ができる。だから、適切には私もあった方がいいと思っている。が、業種によっては飲み会がやたら多い。社内の飲み会、個人的なもの、そして顧客との会食など、まっすぐ帰宅しないことが当たり前と思っている人たちもいる。深夜や翌朝まで痛飲することが多い人たちもいる。そういう職場では、ワーキングマザーは肩身が狭い、付き合い悪いね、お客様の接待もできないの・・・とかとか。
母親は子どもが少し大きくなって保育園に迎えに行かなくてもよくなっても、帰りにちょっと一杯なんてやってられない。会社を出た途端家に着くまで猛ダッシュの日々はずっと続く。

2つ、「仕事上のお付き合いのゴルフ」
これ、私は致しません。貴重な休日は、1週間分の掃除と洗濯その他、いろいろ片づけて、余った時間は休息とちょっとした気分転換にあてる。お仕事ゴルフをやれる人たちは家事をやらなくていい人がほとんど、でしょう?

制度はもちろんのこと、こういう業務外、規則外のことが意外に大きかったりする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2014

優先席と携帯電話

今朝、毎日載っている多摩川線でのできごと。もともと多摩川線は、通勤時間といってもほんの一時をのぞいてそんなに混んでない。

途中の駅でご老人が乗ってきて空いている優先席にすわった。となりとその隣には中年の女性と若い女性、二人ともスマホを見ていた。しばらくたって、ご老人が「携帯、やめてもらえますか?」。二人の女性はすぐにスマホをさわるのをやめた。時々見かける風景だ。

ペースメーカーと縁がない人は、特に意識することなくどこででも携帯電話を使ってるんだと思う。実際のところ、これまでだって大きな事故は起こってない。とはいえ、ペースメーカーを使っている人は、不安を抱えている人が結構いらっしゃるんじゃないかと思う。そんなことを思って、私は優先席に座ったときには携帯電話を見ないし、見たいときには優先席には近づかないようにしている。

それはそうと、電車に乗ると全体の8割ぐらいの人がスマホを覗いている。これはこれでちょっと異様でスマホを使わない人からみたら気持ち悪いんだろうな、とも思う。

※追記
 同じ日の夕方、ヤフーのトピックスにこんな記事があったのでリンクを載せておきます。
 電車優先席の携帯オフ 関東と関西で車内対応が分かれた理由
マナーを巡って喧嘩になる前に、実際に誤作動が起きるかどうか以前にちょっと相手の気持ちを思いやるということでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2014 | Main | August 2014 »