« 鎌倉三十三観音霊場めぐり[九番]浄妙寺・[八番]明王院・[七番]光触寺 | Main | 「残業代ゼロ」の働き方(続) »

May 28, 2014

「残業代ゼロ」の働き方

今、政府では多様な働き方が審議されている。メディアでは「残業代ゼロ」法案みたいな書き方をしている。この表現、身もふたもない、「残業代ゼロなんてとんでもない!労働者は絶対反対!」・・・みたいになっている。でも、これって何のためなのかをしっかりと見ていかないといけない。単純に残業代払わないですむ人件費削減(コストダウン)みたいにとらえてると何も生まれない。

そもそもは日本のホワイトカラーの生産性の低さを解消することが最大の目的ではなかったんじゃないか。
ホワイトカラーの生産性が低い原因はというと、
1.部署間での調整・社内稟議・社内会議などのための残業
2.気分の残業、生活残業だったり他の人が帰らないから帰れないといった残業

で、1は、100%ダメとは全く思わないが、やり方に改善の余地は大いにあると思う。大企業は生産性をあげるためには、人事制度だけでなく組織のあり方、組織間での情報共有やコミュニケーションの取り方を徹底的に研究して改善することを考えなくちゃいけないと思う。
一方、2の方はというと、もしかすると残念なことに、これが多いかもなんだけれど、即刻なくすべき、強く言う。家での仕事をさぼるために、なんだかんだでうだうだと会社に残ってる。。。こんな人いないよね?

実は、労働時間と成果を切り離すことは、ワーキングマザーにとっては大いに歓迎すべきことになるはずだった。時間の制限のあるワーキングマザーは総じてシャープな仕事の仕方をする。短い時間に成果を上げられように、仕事の仕方を工夫する。それなのに、「長時間働く人がエライ!」中で人より早く帰ることは結構つらいものがある。このご時世になっても、冷たい視線をあびながらこっそり帰る・・・というワーキングマザーもまだまだいる。長年しみついてきた価値観をなくすことは簡単にすすまない。

「ダラダラ長時間労働」をなくすことは本当はみんなにとっていいことだと思うけれど、労働の評価って難しい。

|

« 鎌倉三十三観音霊場めぐり[九番]浄妙寺・[八番]明王院・[七番]光触寺 | Main | 「残業代ゼロ」の働き方(続) »