« 小1の壁 | Main | プチ巡礼!~鎌倉三十三観音霊場めぐり~プロローグ »

April 22, 2014

仕事と子どもの間で

教師がわが子の入学式に出席した件に関して、その是非を問う声で騒がしかった。本件は、本来はものすごく個人的なことで、その人がどう結論づけたかについては回りがどうこう言う問題ではない。だから、渦中のときに記事を読まなかった(読みたくなかった)。なので、詳しく事情は知らない。

私が現役のワーキングマザーだったころ、保育園の同級生のお母さんで横浜市の教員の方がいた。ちょうど子どもたちの小学校入学準備をしていた頃、「やばい!来年小1の担任になりそうなんだよね、どうしよう」「え?」「だって、担任が休むわけにいかないもん、そしたら○○の入学式には出られない・・・」「そっか」「そうなったらダンナにいってもらうしかない」「残念だね」・・・とかそんな会話をしたことがある。

働く母親は、仕事か?子どもか?こんなシーンに何度も何度も遭遇する。そのたびに、「さて、どうしよう?」と迷いに迷い、どちらを選択したとしても当日になっても胃が痛い思いをしている。どちらを選んでもそれなりの一方に対して申し訳ない思いをもつ。周りの人の冷たい視線も覚悟してのぞんでいる。だからこそ、個人の選択の問題なのだ。

・・・と、男性は仕事か子どもかで迷ったり苦しんだりすることは少ないと思う。2人親ならば、「ママが行くんだよね」と能天気にいうだろうし、シングルファーザーならば職場で何をいわれようと迷わず子どもを取るだろう。

先週頃の文春の中吊り広告、正確には覚えてないけれど

入学式を欠席した「女性教師」を「支持しますか?」

ってのが、あった。わざわざ「女性教師」と書くあたりがあざといし、「支持しますか?」って以前もこんな感じの不快な問いかけをこの雑誌はしてたな、と。

だけど、もし渦中の先生が「労働者の当然の権利」と何も迷いも疑問ももたなかったなら、これはものすごくがっかりさせられる。先生ももちろん個人の労働者としての基本的な権利は守られるべきなんだが、先生が労働者となっちゃったら、公教育も教育産業となんら変わらない。

「祝い事と不幸事が重なったら、不幸事を優先。公私で祝い事が重なったら、公を優先。公私で不幸事が重なったら、私を優先。こんなの常識ですよ?」忘れてたけど、思い出した。

|

« 小1の壁 | Main | プチ巡礼!~鎌倉三十三観音霊場めぐり~プロローグ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5586/59512626

Listed below are links to weblogs that reference 仕事と子どもの間で:

« 小1の壁 | Main | プチ巡礼!~鎌倉三十三観音霊場めぐり~プロローグ »