« メヒシバ | Main | 伝える力 »

October 21, 2013

「切符を紛失された方は事情をお伺いします。」

「切符を紛失された方は事情をお伺いします。」


うろ覚えなのでちょっと違ってるかもしれないが、毎日乗降しているJR大森駅の改札口のところにこんな注意書きが貼られていた。が、これってどういうこと?こういわれて私どうしたらいいの?


【解釈その1】
切符をなくしちゃったときはあわてないで、係員に相談してね。決して自動改札無理してを突破しないように。


【解釈その2】
切符をなくしちゃったとしても、事情によっては料金を追加で払わなくても大丈夫だから安心して。


【解釈その3】
切符なくしちゃった場合、いろいろ細かく聞くからね、怒らないで。


さて、どういう意味なんだろう?


金融機関の届出用紙も、さて記入しようと思っても、「?」この欄に何を書けって言ってんだろ?と思うことがよくある。提供側の人は内容がよくわかっているから、何気なく書いちゃうんだろうけれど、中身が分からない一般利用者からすると「何これ?」になる。


「伝える事」、サービスの提供者としては気を付けなきゃいけない点なのだが、受けての立場に立つということをついつい忘れてしまったりする。「人の振り見て我が振り直せ」とはこのこと。


|

« メヒシバ | Main | 伝える力 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5586/58417090

Listed below are links to weblogs that reference 「切符を紛失された方は事情をお伺いします。」:

« メヒシバ | Main | 伝える力 »