« ねずみ騒動終結・・・か? | Main | ブログ、ボチボチ再開します。 »

January 29, 2013

駅型保育所

昨年の終わりごろの話、JRに乗って、ふとドアの上で目に留まったのがこれ↓JRの駅型保育所の広告。


Img_0469
 


「子どもと過ごす時間を増やすためには良い選択だった。」フムフム、ここまではOK!
「その日の仕事のことを考えながら、子どもの話に耳を傾ける」


「?」「・・・なんか違う」


この違い、ワーキングマザーじゃないとわかんないだろうなぁ、このコピー作った人はワーキングマザーじゃないんじゃないかな。


仕事と子育ては心も頭も180度違う。同時に考えることが相容れないほど真反対。日常的には、子どもといるときは仕事のことは考えない。仕事に限らず、子ども、特に年齢が低ければ低いほど、親が他のこを考えていると敏感に感じ取って落ち着きがなくなる。子どもと真正面に向き合うと子どもは安心する。


だから、職場にいるときは、仕事モードのスイッチが入ってて子どものことは全くというほど考えない。冷たい?そんなことはない。離れてても自分のことを思ってくれることがうれしいのは大人になってからだ。


ON/OFFの切り替えをメリハリつけてやることが子育てと仕事の両立のコツだ。どっちつかず、子育ても仕事も中途半端、というのが最悪のパターン。


会社を出て保育所に向かう間にスィッチを切り替える。逆もそう。だから、職住というのか職場と保育所が近いのはいいような、悪いような、このスイッチの切り替えが難しくなる。駅に保育所があるとその中間なので、いいかもしれない。


子育て・仕事どちらかに心配事があると、切替も簡単にはいかないけれど。

|

« ねずみ騒動終結・・・か? | Main | ブログ、ボチボチ再開します。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5586/56306240

Listed below are links to weblogs that reference 駅型保育所:

« ねずみ騒動終結・・・か? | Main | ブログ、ボチボチ再開します。 »