« 地震発生直後 | Main | 計画停電初日 »

March 14, 2011

歩いて帰宅

会社から家までは、池上通とガス橋通りのほぼ一本道。隣駅にすむミヤシタさんと二人で徒歩帰宅することにする。ミヤシタさんは山男、地図も読めるし、歩くことには長けている、と完全にアテにしている。


大森駅前からガードをくぐり池上通に入る。歩き始めてすぐ、個人商店の靴屋さん発見、店頭に積んである1980円のスニーカーを買う。私の前ものお客も後のお客も私と同様歩きやすい靴を買っていた。約10キロというのは歩いて歩けない距離じゃないが、足元が心配だった。これで大丈夫!


いつもよりこの道を歩いている人は多い。歩いている人達は、地図をもっった数人のグループが多い。皆もくもくと歩いている。池上通を走るタクシーは、みんな1台に3~4人乗っている。車は渋滞気味で歩いている方が早い。特に支障はない。


下丸子駅を横切る。電車はそこにいても動く気配なし。キャノンの前を通過。ガス橋だ。川を渡ればもう地元だ。川を渡る前に交番の裏にある公衆トイレに。ここはきれいで、多分安全。徒歩帰宅ではトイレの確保も重要だ。


多摩川の向こうに見えるNEC、富士通など事業所のビルは明るいが、武蔵小杉の高層マンション群が見えない。真っ暗。・・・停電しているとはきいていたけど。高層マンションでの停電はさぞかし大変だろう。川わたってしばらくして、停電区域に入る。やっぱり真っ暗。こんな大都会の中、灯のない道を歩いたことなどもちろんない。コンビニもパチンコ屋も真っ暗。コンビニは暗いなかでも営業しているようだ。ここまでの途中、何か所もコンビニがあったが、どこも人がいっぱい入っていた。大通りまで送ってもらいミヤシタさんと別れる。


真っ暗な交差点では、おまわりさんが手信号で交通整理をしている。特に混乱はない。


バスは動いているのだが、ふと見ると自宅から徒歩10分ぐらいの市立病院行きのバスがいる。この路線、1時間に1本ぐらいしかないので、普段は乗ったことはない、ラッキー!病院正門で下車。ここからは10分ほどなのだが、やっぱり真っ暗。大通りと違い地元の道なので、車も人もたまにしか通らない。正直怖い。真っ暗な道をモクモク歩く。我が家のすぐ近くまで来ると、この一帯だけ停電していない。明るい我が家に無事到着。21時30分過ぎ。2時間半歩いた。携帯の歩数計は19000歩。夫は5時間かけて帰宅した。


大通りを行く分には特に危険はない。日本の治安はすごい。必要なもの、運動靴・懐中電灯・地図・水。もし、道路や建物が破壊されていたら、さらにヘルメットと軍手ぐらいは必要だろう。迂回するかしないかで、所要時間も疲れも全く変わる。神奈川県民にとっては橋が壊れていないといのはでかい。


今回は、まるで帰宅訓練のようだった。実際に起こった地震のために、歩いているのだが、建物や道路は壊れておらず、コンビニにも十分商品がある。「妙な感じ」。

|

« 地震発生直後 | Main | 計画停電初日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5586/51109869

Listed below are links to weblogs that reference 歩いて帰宅:

» 簡易トイレ・携帯トイレは災害前に準備せよ! [簡易トイレ・携帯トイレは災害前に準備せよ!]
簡易トイレの解説しています。 [Read More]

Tracked on March 15, 2011 at 11:53 AM

« 地震発生直後 | Main | 計画停電初日 »