« あさきゆめみし | Main | 架空請求 »

August 06, 2006

着物は買いやすいか?

WEBサイトをサーフィンしていて、呉服の流通事情についていろいろ書かれているサイトを見つけた。現場の方の貴重な意見が書かれていた。・・・フムフム・・・危機感をもっておられるようだ。最近の「きものブーム」でちぃとは息を吹き返した感があるけれど、呉服屋さんって、敷居高い。だから、買い手からだっていいたいことあるのよ!ただでさえ、「着付けが大変」、「値段が高い」、「その場でお持ち帰りできない」っていう三重苦を背負ってるのに、それに加えて呉服屋さんの売り方はどうなのか?

◆着物の値段って?
  呉服屋さんによって、マチマチ。そのマチマチ加減が半端じゃない。ケタ違いはざら。一体どうなってんのよ~
  値札も見えないところにちょこっとついてたり、へたしたら聞かなきゃ教えてくれない。
◆ウィンドウショッピングできない。
  うっかり呉服屋さんを覗こうもんなら、和服を着た年配の店員さんにつきまとわれる。どうも「ただ見たいの~」が許されない。
◆試着ができない。
  着物ってのは、未完成品、反物で売られている。顔写りはどうか・・・が洋服のように簡単には試せない。実のところ、「試着ができない」っていう表現はちょっと違って、和服の店員さんがそれっぽく着付けてくれる・・・が、ここまでやっておいて「イラナイ」といって店を出ることは相当な度胸がないと無理。洋服を買いに行く時は、何枚試着しても気に入らなければ買わないのに。

呉服屋さんは消費者に正しい商品知識や相場観をもたせないようにしているとしか思えない。着物は高いし、ぜいたく品だ。そんなものを買うのに、ろくに調べることができず・・・着物ってこんなもの・・・って。

このご時世、若い娘っ子は浴衣を一人で何枚ももってたりする。買い方は全く洋服と同じ、売り方も洋服とほぼ同じ。お手軽価格というのもあるけれど、洋服と同じような感覚で買えるということが大きい。とてもお手軽価格とはいえないスーパーブランド品、売れてるでしょ?だから、呉服屋さんも売り方、工夫してください。

かといって、「ベタベタ触るな~」というのはよく理解できる。お着物は手垢や紫外線でとっても劣化しちゃうから。だったら価格が明記されたカタログぐらい用意してよ。私のお気に入りの志ま亀は、店に入って「見せていただいていいですか?」と声かけておけば、うるさくされない。が、今の時代になっても企業紹介のネットサイトをもっていない。きもの大好きの私にとっては、ネットサイトで候補の品を見定めて、そこのお店にでかけて質感と色目と顔写りを確かめて買うのが理想なんですゥ。業界の方、よろしく。

|

« あさきゆめみし | Main | 架空請求 »

Comments

The comments to this entry are closed.