« ゆとり教育とバカ | Main | 子どもとお手伝い »

May 07, 2005

子どもの頃何して遊んだ?

昨日が子どもの日だったせいか、本日(いやもう昨日か)の日経夕刊に「取り戻せ 子どもの遊び場」というタイトルで仙田満さんのコメントが掲載されていた。子どもの遊び空間の量の減少が著しくこれ以減りようがないほどまでに減少していると。

私が子どもの頃、近所のガキ大将だった妹と違って私は家の中で本を読んだり、着せ替えをしたりしているのが好きな「オタク」だった。それでも、道路では、缶蹴り、陣地とり、けんけん、はないちもんめ・・・。路地ではままごと。わが家の庭のいちじくの木にはよく登ってボーとすごしていたっけ。

庭や道路に溝を掘って水を流したり・・・そしてどろだんごをつくったり。時には、土のがけをすべりおりたり、木にロープをかけてターザンごっこしたり。工事現場の土管の中に基地を作ったり、公園の木の茂みを利用して秘密基地を作ったり。オタクの私でさえ、こうだった。毎日が、想像の世界。

今の子どもたち、この中のどれが一つでも実現できるだろうか?
道路?アスファルトだし。木登り?登っていい木なんかないし。公園の茂み?そんなとこ不審者がいるからダメダメ。「子どもの遊び場」っていうとママと一緒に遊びに来る小さい子用だし。あーあ、いったいどこで遊べっていうの??

|

« ゆとり教育とバカ | Main | 子どもとお手伝い »

Comments

The comments to this entry are closed.