« 派遣法って | Main | 「長いしっぽ」「ニッチキーワード」 »

March 06, 2005

北京+10~何か変わったか?

北京+10(婦人の地位委員会)がニューヨークで開催され、3月4日に「北京綱領後退せず」と政治宣言を採択した。
1995年北京で開催された第4回世界女性会議のNGOフォーラムに参加する機会があった。

当時多くの自治体がこの会議のNGOフォーラムに「市民」を派遣し、横浜市の企画に私もまったくの興味本位で応募し市民派遣団として参加したのだ。私自身、子育て真っ最中、保育園問題と戦っている最中でもあったけれど、新卒からIT業界にいたのでほかの業界と比較にならないほど、女性がのびのびいきいきしていたこともあって、「女性問題」とかなんだかよくわからないままの参加だったし、NGOフォーラムの大変な熱気にのまれてしまい、「世界女性会議」を消化するのにずいぶん時間がかかっってしまった。

さて、あれから10年。何か変わったか?

「北京行動綱領」採択10年については、同じ読売新聞サイトに解説が載っていた。

国会議員の女性比率や男女の賃金格差などから算定する「ジェンダー・エンパワーメント指数(女性の社会進出度)」は、対象の78か国中38位(昨年、国連開発計画調べ)と低迷している。「取り組みのスピードが鈍く、日本より遅れている国から次々に追い抜かれている。地道な努力を続けるしかない」と、名取はにわ・内閣府男女共同参画局長は語る。

アサヒコムにも女性国会議員の比率、日本は98位なんて情けない記事が出ていた。
「保育園が足らない」ことを厚労省がみとめたこと、遠吠えする負け犬が出てきたことぐらい?日本はまだまだ。

|

« 派遣法って | Main | 「長いしっぽ」「ニッチキーワード」 »

Comments

The comments to this entry are closed.